外国人技能実習制度Technical Intern Training Program

外国人技能実習制度とはTECHNICAL INTERN TRAINING PROGRAM

実践的な技術、技能の移転を図り、送出し国の経済発展を担う「ひとづくり」を目指す制度です。
当組合は監理団体として外国人技能実習生の受入れを行っています。

受入れ概念図

受入れ概念図画像

実習生受入れのメリットBENEFITS OF ACCEPTING INTERNS

企業イメージアップ図
  • メリット1

    CSR活動(企業の社会的責任)を担う

    実習生を受け入れることでCSR(企業の社会的責任)活動としても重要な役割を担います。

  • メリット2

    海外進出や展開の拡大の可能性

    実習生の母国で事業展開するチャンスにもつながります。海外進出の可能性も開けます。

  • メリット3

    今以上に活気のある職場に

    若くやる気がある実習生は熱心に働くので職場を活気づけます。

受入れ可能職種・人数・国APPROVED OCCUPATIONS OF ACCEPTING INTERNS

職種

  • ◇ 食品製造関係  ( 9職種14作業)
  • ◇ 建設関係    (22職種33作業)
  • ◇ 機械・金属関係 (15職種27作業)
  • ◇ 繊維・衣服関係 (13職種22作業)
  • ◇ 農業・漁業関係 ( 4職種15作業)
  • ◇ 印刷・包装・塗装・ビルクリーニングなど12職種24作業

※職種一覧(作業の詳細はこちらをご覧ください。)

職種の分布
職種の分布

※「技能実習2号」への移行者 法務省データ 平成27年

人数

企業の常勤職員数
(受入れ中の技能実習生を除く)
技能実習生の人数
(実習1年目の人数枠)
301人以上 常勤職員総数の20分の1
201人 〜 300人 15人
101人 〜 200人 10人
51人 〜 100人 6人
41人 〜 50人 5人
31人 〜 40人 4人
30人以下 3人
3人未満 常勤職員数に同じ

※上記の規定人数を毎年連続して受入れることが可能です。

送出し国

    • 中国
    • インドネシア
    • ベトナム
    • フィリピン
    • タイ
    • ペルー
    • ラオス
    • スリランカ
    • インド
    • ミャンマー
    • モンゴル
    • ウズベキスタン
    • カンボジア
    • ネパール
    • バングラデシュ

受入れ期間TERM OF ACCEPTING INTERNS

実習期間は3年です。期間中は定期的に組合による監査があります。監査では、実習計画や給与の支払い等の確認をします。

受入れ概念図画像